サラダレタスミックスの水耕栽培!色々なサラダの種を1つの容器で種まき~収穫

サラダミックス

ミックスサラダは、色々なサラダの種が入っています。
それぞれの特徴で成長するので、見た目も味も楽しめます。
お皿に盛り付けるとおしゃれになるのも魅力の一つです。

 

用意するもの

必要なもの
■種子
■水耕栽培用の容器(ザル+トレー・大きめのボウル)
■ハイドロボール(小粒または中粒)
■肥料

 

無くても問題無いが、使用しているもの
■珪酸塩白土
■LEDライト
■あおこ対策用シート(アルミシート+インテリアデコシート)

 

詳しくはこちらをご覧ください。

水耕栽培に必要なもの:100円ショップで揃うアイテムと揃わないアイテム
水耕栽培に必要なもの、あると良いものをまとめました。

 

 

種子

ホームセンターで種を使用しました。
袋の名前は、サラダセットですが、ミックスされている種なので、「ミックスサラダ」と表現しています。
種の種類:エンダイブ、チコリ(青、赤)、サニーレタス、グリーンリーフ、サラダ菜、クレソン

種袋によって、入っている種は異なります。
好きなサラダや、聞いたことのないサラダなど、色々な種が入っているので、種袋を選ぶのも楽しみの一つです。
聞いたことのないサラダを育ててみたり、好きなサラダを育てて味わってみたりできるのも嬉しいです。
好みの味、苦手な味。色々発見できるかもしれません。

 

種まき

種まき方法と液体肥料への変更方法は、共通です。

 

 

水 → 液体肥料に変更

種まきから2日後、発芽しました。
ラップをはずし、葉っぱが乾いていたら、水道水をスプレーしました。

1週間くらいで小さい葉っぱがたくさんできて、長い根っこが生えてきました。
  

 

水 → 液体肥料に変更します。
容器に入っている水を捨て、軽く容器を洗います。

ボウルとザルの間に猫マットを置き、スペースを作りました。

今後の水やりは、液体肥料を入れます。

今はまだ長い根っこの量は少ないですが、根っこは、空気に触れる部分が必要なので、全体的に根っこが伸びてきたら液体肥料の量はボウルの半分くらいまでにします。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

水耕栽培に必要なもの:100円ショップで揃うアイテムと揃わないアイテム
水耕栽培に必要なもの、あると良いものをまとめました。

 

間引き

種まきから約2週間後、葉っぱが成長し、根っこもたくさん生えてきました。

密集しているところを根っこごと引っこ抜きました。

葉っぱが成長し、また密集してきたら、根っこごと引っこ抜いて間引きします。

 

間引きした苗

間引きした苗は他の容器に植え替えて育てることもできます。

その方法は、こちらをご覧ください。

水耕栽培☆間引きした苗は他の容器に植え替えて育てられます(チマサンチュ、小松菜)
水耕栽培で小さいうちに間引きした葉物野菜の苗は、食べてしまうのはもったいない。他の容器に植え替えて育てることができます。(チマサンチュ、小松菜)

 

 

収穫

種まきから約5週間後、葉っぱが大きく元気に育ってくれています。

今回は、間引きではなく、葉を外側からハサミで切って収穫します。

葉の中心部分まで切ってしまうと成長に影響するので、中心部分は残しておきます。

 

収穫後、葉っぱが大きく成長してきたら、また外側からハサミで切って収穫します。

収穫時の注意として、葉っぱの中心部分までは、切らないでくださいね。
葉っぱの中心部分のみ残しておくと同じように葉っぱが生えてきてくれます。

この方法で、何度も収穫が楽しめます。

 

 

サラダミックスは、色々な種類のサラダが食べられるので、嬉しいです。
見た目や味もそれぞれ異なるので、違いを楽しめるのも魅力の一つです。

お皿に盛り付けた料理に、サラダミックスを添えるだけで
おしゃれな雰囲気になります。

 

タイトルとURLをコピーしました