イチゴのループ栽培☆苗を増やして収穫まで

いちご

イチゴは、ループ栽培が可能です。
見た目は小さくて可愛らしいですが、

生命力が強く、簡単に育てることができます。

栽培の目安

植物名 いちご
科目 ヒガンバナ科
ランナーから苗を増やす月 5~9月
苗植える月 9~10月
収穫月 3~5月
手間 ★☆☆
難易度 ★☆☆
難易度理由 育てやすい
プランターサイズ 深さ15cm程度

 

※難易度は、くらこま独自の判断です
★★★は、手間がかかる、難易度高い
☆☆☆は、手間がかからない、育てやすい

 

こんにちは、

ズボラさんでも楽しめる

家庭菜園ブログのくらこまです!

 

 

この記事では、初心者でも簡単に楽しめる

イチゴのループ栽培方法をご紹介します。

苗づくり~植え付け、収穫まで。

失敗した出来事も正直にアップしますので、

それも含め、

ゆるく楽しくお読みいただけたら幸いです。

 

イチゴの栽培

2023年 

イチゴのプランター栽培をしました。

栽培の様子はこちらをご覧ください。

初心者でも簡単!いちごのプランター栽培
いちごの苗をプランターに植えるときに大切なことと、その成長記録です。

 

2023年6月 収穫が終わりに近づいています
が、これで終わりにはしません。
来年の収穫にむけてランナーから新しい苗を作ります。
ランナーとは
イチゴの株元(クラウン)からツルのように伸びる茎です。ほふく茎(ほふくけい)とも言います。
ランナーの先端に新芽が出来て、それを土に付けると根っこが生え、新しい苗を作ることができます。
固定するときは、ランナーは切らずに苗から生えた状態で土に付けてくださいね。
この苗を育てるとイチゴを収穫することができます。
これを繰り返し、毎年イチゴの収穫を楽しめます。
では、さっそくランナーから苗を作る方法をご紹介しますね。

苗づくり

 

ランナーから苗づくり

イチゴの収穫が終わったあと、生えてきたランナーはそのまま伸ばし、ポットに固定して育てると、来年もまたイチゴが収穫できます。

 

 

作業手順はこちら
ポットに土を入れ、ランナーを固定
固定するときは、ランナーは切らずに苗から生えた状態で土に固定してください
(今回はクリップでとめました)

根っこが張る

ランナーを切り離す

プランターに植え付ける

イチゴが収穫できます

 

ポットにランナーをつける

ポットに培養土を入れ、

根っこを張りやすくするために

U字にしたクリップで

ランナーをとめておきます。

 

このときランナーは、切らずにそのまま苗に繋がった状態のまま土に固定します。

 

土で埋めたりせず、

クリップでとめるだけでOKです。

 

ランナーをとめるのは、

とくに決まりはありません。

今回はクリップを、

Uの字に変形させて、固定しました。

 

お菓子の袋等についている針金でも

固定してみましたが、

柔らかいので、固定するのに苦戦しました。

おすすめはしません。

 

 

親株、子株、孫株

以下画像の①は親株、②は子株、③孫株です。

 

①の親株から出たランナーを、
新しいポットに土を入れた②に
クリップどめします(子株)。
②の子株が成長するとランナーが
のびてくるので、
新しいポットに土を入れた③に
クリップどめします(孫株)。
③の孫株も成長してくれます。

暑い時期の置き場所

 

暑い時期は、

直射日光の当たらない

風通しの良い場所に移動させます。

植え付けまで、

とくにやることはありませんが、

乾燥は、要注意です。水やりを忘れずに!

 

 

ランナーを切って植え付け

2023年10月 ランナーを切って植え付けをします。

植え付け時期は、9月~10月です。

今年は暑かったので、

10月に植え付けることにしました。

 

ポットの下から根っこが出ていることを確認します。

根っこが出ていたら、固定したランナーが

きちんとポットに根っこを張って、

成長してくれているサインです。

 

 

ランナーを切る場所

ランナーを切る場所

クリップどめしていない方の株のランナーを切ります。

 

親株のランナーを、クリップどめして子株を育てたきは、

親株のランナーの生え際を切ります。

 

子株のランナーを、クリップどめして孫株を育てたきは、

孫株のランナーの生え際を切ります。

 

 

 

以下画像は、

①親株のランナーを、②子株のポットにクリップでとめ、

②子株のランナーを、③孫株のポットにクリップでとめています。

 

切る場所は、赤の太い直線部分
①親株から生えているランナーの生え際と、
②子株から生えているランナーの生え際です。
赤丸で囲まれているのは、クリップでとめている部分です。
クリップでとめている部分は切りません
ポットの苗についているクリップは、
はずしてください。
苗についているランナーは、
そのままにしておきます。

植え付け

切り離した苗を

プランターに植え付けるときは、

ランナーがプランターの内側にくるように

植え付けます。

 

ランナーと反対側にイチゴができるので、

ランナーをプランターの内側にして

植え付けると、イチゴは、

プランターの縁側にできて収穫しやすいです。

 

屋外プランターの植え替え方法や、

詳しい栽培方法は、こちらをご覧ください。

初心者でも簡単!いちごのプランター栽培
いちごの苗をプランターに植えるときに大切なことと、その成長記録です。

 

ランナーは、イチゴの収穫が終わってから伸ばします。

イチゴ栽培中は、

ランナーが伸びてきたら根元から切ります。

イチゴにいくはずの栄養が

ランナーにいってしまうのを防ぐためです。

 

受粉

2024年3月 可愛らしい白い花が咲きました。

耳かきのふわふわした部分を花に軽く振れ、

人工授粉します。

 

 

人工授粉が成功すると、花びらが落ち、

緑色の小さなイチゴの形になります。

白くなり、ふっくらイチゴの形に成長します。

白からだんだん赤く色づいてきます。

 

収穫近くになると、

害虫や鳥などに食べられることがあるので

要注意です!

 

収穫

2024年4月2日 イチゴが赤く成長しました。

収穫スタートです。

 

日光をあびて甘いイチゴが収穫できました。

 

 

 

失敗① 

うまく育たなかったイチゴもありました。

親株には向いていませんので、
株を増やすときは、美味しく育った
イチゴの苗を親株にしてくださいね。

 

 

失敗②

食べられたイチゴがありました。

結構大胆に食べられています。

高さのあるプランターだからと

安心していたのですが、

高さは、意味なかったようです。

 

昨年は、

ねこ除けマットを敷いていたのですが、

トマト栽培の時に、

食べられてしまったので、

今年は、敷いていませんでした。

 

防虫ネットをしていたプランターのイチゴは

今のところ被害なしです。

防虫ネットは頼りになるかもです。

 

でも、受粉してくれる虫たちも

寄せ付けなくなるので、

人工授粉が必要になります。

花が咲いているか毎日チェックして

人工授粉しなければいけないので、

手間はかかります。

 

防虫ネットするか、しないか、

迷うところですね!

イチゴの苗を増やす方法 まとめ

■ポットに土を入れる
■ランナーをポットに入れた土に固定
(今回はクリップでとめました)
■根っこが生えてきて成長する
ランナーを切り離す
プランターに植え付ける
イチゴが収穫できます

同じ方法で、イチゴのループ栽培が可能です!

 

注意点 まとめ

■油断すると食べられてしまいます!
■防虫ネットは、食べられない対策としてはよいと思いますが、人工授粉が必須になります
■プランターに植え付けるときは、ランナーがプランターの内側にくるように植え付けます
■イチゴ栽培中は、ランナーが伸びてきたら根元から切ります
(イチゴにいくはずの栄養がランナーにいってしまうのを防ぐため)
■イチゴの収穫時期が終わってからランナーを伸ばします
■うまく育たなかったイチゴの苗は、親株には向いていません
■株を増やすときは、美味しく育ったいちごの苗を親株にしてくださいね
■親株 → 子株 → 孫株
■株をたくさん作りすぎて、子株と孫株どちらかを選ばなければいけないときは、孫株を選ぶことをおすすめします

 

今回はイチゴのループ栽培方法についての記事でした。

自分で育てたものを食べると、より一層美味しく感じますよね。

さらに、その成長過程にも癒されます。

ズボラさんでも楽しめる家庭菜園

参考になれば嬉しいです。

 

共有の喜びと、心からの感謝を込めて、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました