小カブの室内水耕栽培!ハイドロボールを使用した育て方

小カブ

小カブの水耕栽培の様子です。
育ててみると大きな発見がありました。

小カブ

カブの部分は、根っこではなく、胚軸という部分です。
胚軸とは、双葉から根っこまでの間の部分のことを言います。

カブは、土の中ではなく、土の上で成長します。
土の上から顔を出して、少しずつ小カブの形に成長します。

カブの形に育つ過程がとても可愛らしく、癒されます。

 

用意するもの

必要なもの
■種子
■水耕栽培用の容器(ザル+トレー・深さのあるボウル)
■ハイドロボール(小粒)
■肥料
無くても問題無いが、使用しているもの
■珪酸塩白土
■LEDライト
■あおこ対策用シート(アルミシート+インテリアデコシート)

 

種子

ダイソーで2個100円で売っている種を使用しました。

水耕栽培用の容器(大きめのザル+トレー・ボウル)

大きめの容器を使用しました。

左下のザルが右下の深さのあるボウルに収まるものを購入しました。
(容器の色の違いは特に意味はありません。同じ色の容器が売っていませんでした。)
直径:約24cm、高さ:約4cm  / 直径:約24cm、高さ:約13cm 

 

■ハイドロボール(小粒)
■肥料

詳しくは、こちらをご覧ください。

水耕栽培に必要なもの:100円ショップで揃うアイテムと揃わないアイテム
水耕栽培に必要なもの、あると良いものをまとめました。

 

種まき

まずは、ザル+トレイを使用します。

トレイにザルをセットし、ハイドロボール(小粒)を入れました。
ハイドロボールを初めて使用する際は、何回か水を入れてすすぎ、水洗いしたものを使用します。

ハイドロボールに浸るくらいの高さまで水道水を入れます。
種をパラパラふりかけて「ばらまき」しました。

乾燥防止用に軽くラップをかけてLEDライトで育てていきます。

 

発芽

種まきから2日後、発芽しました。
ラップをはずし、葉っぱが乾いていたら、水道水をスプレーしました。
           

種まきから1週間後、少し長い根っこが生えてきました。
 

 

水 → 液体肥料に変更

長い根っこが生えてきたので、水 → 液体肥料に変更します。

この時点で、トレイ(浅め) → ボウル(深さがある)に変更します。

今まで使用していた浅めのトレイです。


今後使用するボウルです。
液体肥料を入れる容器は、深さのあるボウルを使用しました。
直径:約24cm、高さ:約13cm

ボウルに、根腐れ防止効果のある珪酸塩白土を入れます。
 

同じ容器に、液体肥料を入れました。
液体肥料の量は、根っこがつかるくらいの高さです。

苗の入っているザルを、ザルごとトレイから取り出し、
ボウルにセットしました。
  

小カブは成長すると、たくさん根っこが生えてきます。
根っこが生えるスペースが欲しいので、深さのあるボウルを使用しました。

今後は、トレイは使用せず、ボウルにザルをセットした状態で育てます。

アオコ対策としてアルミシートで作成したケースに入れて育てます。

今後の水やりは、液体肥料を入れます。

今はまだ長い根っこの量は少ないですが、
根っこは、空気に触れる部分が必要なので、
全体的に根っこが伸びてきたら
液体肥料の量は、根っこが半分くらい液体肥料につかるくらいまでの高さにします。

 

1回目の間引き

1回目の間引きをしました。
まだ葉っぱは小さいですが、全体的に密集しているところを根元から引っこ抜きました。

成長とともに何回かに分けて間引きしていくので、
今回は、このくらいで様子をみたいと思います。

今はまだ小カブの形になっていませんが、
元気に成長してくれることを期待しながら育てていきます。

 

今後の間引きは、葉っぱが元気に育って込み合ってきたら、密集しているところを根元から引っこ抜きます。

種袋の裏を見ると、本葉が5~6枚のころ間引きするときは、
葉っぱが重ならないように、株間を10cmあけるのが良いそうですが、

水耕栽培で狭いスペースで育てているので、
株間10cmは難しいですが、思い切って間引きしました。

間引きした小カブたちです。
もったいないような気がして、間引きするのに勇気がいりました。
白くて丸い。きれいな緑の葉っぱ。

 

収穫

種まきから約2か月後です。

上から見ると葉っぱも元気に育っています。

 

一番大きい小カブは、5cmくらいまで大きく育ってくれました。

 

葉っぱが邪魔してLEDライトがあまり当たっていない小カブは、小さめでした。
光は成長に大きく影響します。

 

収穫した小カブ達です。


 

小カブは、成長が早く、葉っぱもどんどん大きくなってきます。
どんどん変化していくので、育てていてとても楽しいです。

初心者でも育てやすいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました