水耕栽培に必要なもの:100円ショップで揃うアイテムと揃わないアイテム

水耕栽培の道具と栽培方法

こんにちは、

ズボラさんでも楽しめる

家庭菜園ブログのくらこまです!

 

 

この記事では、

水耕栽培で使用する道具と、初心者でも簡単にできる栽培方法ご紹介します。

 

必要な道具は、100円ショップで購入できるものもあります。

初心者でも簡単に始めやすいです。

 

ゆるく楽しくお読みいただけたら幸いです。

必要なもの

容器

100円ショップで購入可能です。
大きいボウル以外は、ボウルとザルがセットになって売っていました。
ボウルにザルをセットして、使用します。
下の容器は、小カブ、小松菜、キャベツを育てる時に使用します。
種まき~根っこが生えてくるまでは、
白ボウル+白ザルで育てます。
葉っぱが成長し、根っこが生えてきたら、
ザルを深さのあるボウルにセットして育てます。

ニンジンは、タッパーで育てます。
(バーミキュライト使用。)

 

土の代わりになるもの

プランター栽培では、土で野菜を育てますが、水耕栽培では土以外を使います。

といっても、栄養は液体肥料を与えるので、土のように栄養のあるものでなくてOKです。

私が使っているのは、こちらです。

 

ハイドロボール

100円ショップで購入可能です。

粘土を高温で焼いて発泡させたボール状の石です。

中粒、小粒を使用しています。

ハイドロボールを初めて使用する際は、容器に入れた後、何回か水ですすぎます。

どちらが良く育つかは、
特に差を感じたことはありません。

葉物野菜は、どちらも使用しています。

小カブは、小粒を使用しています。

手入れは、
個人的な感想ですが、中粒の方がラクです。

小粒は、ザルの穴が大きいと出ててきてしまうので、注意が必要です。

 

バーミキュライト

100円ショップで購入可能です。

蛭石(ひるせき)を高温で焼いて、多孔質、粒状にしたものです。

 

乾いていると飛び散りやすいので、容器に入れるときは注意が必要です。

ニンジンを育てる時に、タッパーに入れて栽培しました。

   

 

種子

種子は主にダイソーで2個100円の種を使用しています。

専門店で売っている種子ではないですが、特に問題なく収穫できています。

 

 

肥料

ネット通販、ホームセンター等で購入可能です。

微粉ハイポネックス 500g ハイポネックス PLANT FOOD です。

 

2Lのペットボトルにハイポネックス2gを入れ、水を入れて溶かして使用します。

ケースに入れておくと使いやすいです。ケースは100円ショップで購入しました。

 

 

 

必須では無いが、使用しているもの

 

珪酸塩白土

ネット通販、ホームセンター等で購入可能です。

珪酸塩白土 ソフトシリカ・ミリオン。

 

根腐れ防止剤として使用しています。

使用方法は、スプーン軽く1杯くらいを直接容器に入れます。

頻繁に液体肥料を交換するときは、もったいないので使用していません。たとえば、
暑い時期
■容器内が汚れやすい植物を育てるとき

ちなみに、ルッコラを育てるときは使用していません。

ケースに入れておくと使いやすいです。

 

猫除けマット

100円ショップで購入可能です。

ボウルとザルの間にすき間をつくるために使用します。

 

ハサミで切れるので、容器に合わせて切り、長い方を下向きに置いて使用します。

 

すき間をつくる理由は、

植物は、空気にふれさせることが大切なので、根っこが空気にふれる部分と、水につかる部分が必要です。

ボウルとザルの間に空間をつくることにより、根っこを増やし、空気にふれる部分を増やす効果が期待できます。

 

 

LEDライト

ネット通販等で購入可能です。

日当たりが悪い、または、徒長してしまうときは、LEDライトを使用すると育てやすいです。

私は最初、レースカーテン越しの窓際で育てていましたが、徒長して生育が良くありませんでした。

LEDライトに変えてから生育も良くなり、置き場所も気にしなくて良くなりました。

一日に12時間~16時間くらいつけています。

 

アルミシート

100円ショップで購入可能です。

アオコ対策として使っています。

アオコとは、水耕栽培で発生する藻のことです。

光が当たると藻が発生してしまうため、アルミホイルや、アルミシートで容器を覆い、光を遮断しておくと、アオコ対策になります。

私は、アルミシートで型をつくり、周りにリメイクシートをはって使用しています。

リメイクシートは飾りなので、無くても問題ないです。

 

 

水耕栽培の流れ

栽培方法をご紹介します。

エアコンの利いた部屋で水耕栽培をしています。

 

種まきの種類

種のまき方は、大きく分けて3種類あります。
■ばらまき
■すじまき
■点まき

水耕栽培の種まきはほとんどが「ばらまき」です。

「ばらまき」とは
直接種をふりかけのように、まく方法です。溝や凹みは作りません。

「すじまき」とは、
指や道具で溝を作って筋状にまいていく方法です。

「点まき」とは
種まき用に円の凹みを作り、円の中に均等になるように種をまきます。

 

種まき

■ボウルにザルをセットし、ハイドロボールを入れます。

■ハイドロボールを初めて使用する際は、何回か水を入れてすすぎます

■水道水をハイドロボールが浸るくらいの高さまで入れます。

■種を「ばらまき」します。

■乾燥防止用に軽くラップをかけてLEDライトで育てます。

もし、乾いていたら水を霧吹します。

 

水 → 液体肥料に変更

■発芽し、長い根っこが生えてきたら、
水 → 液体肥料に変更します。

■珪酸塩白土を、ボウルに適量を入れます。(根腐れ防止剤として使用しますが、無くてもOKです。)

 

■その上に猫除けマットを置きます。

液体肥料を、根っこに付くくらいまで入れます。

まだ根っこが短いときは、比較的多めに入れますが、全体的に根っこが伸びてきたらボウルの半分くらいまでにします。

■苗の入っているザルをセットします。

 

 

■液体肥料が無くなってきたら、追加します。

■容器内が汚れてきたら、容器を洗い、きれいな容器で栽培します。

■容器内が汚れやすいときは、珪酸塩白土は、もったいないので入れていません。

 

間引き

■葉っぱが成長し、根っこも生えてきたら間引きします。

■間引き方法は、密集している苗を根っこごと引っこ抜きます。

■成長とともに何回かに分けて間引きします。

 

 

間引きした苗は他の容器に植え替えて育てることもできます。

その方法は、こちらをご覧ください。

水耕栽培☆間引きした苗は他の容器に植え替えて育てられます(チマサンチュ、小松菜)
水耕栽培で小さいうちに間引きした葉物野菜の苗は、食べてしまうのはもったいない。他の容器に植え替えて育てることができます。(チマサンチュ、小松菜)

 

 

 

収穫

■葉っぱが大きく成長してきたら、外側の葉っぱからはさみで切って収穫します。

■中心部分を切ると、成長に影響が出るため、中心部分は残します。

 

■また葉っぱが成長してくるので、同じように外側の葉っぱから収穫すると何度も収穫が可能です。

 

 

必要なもの まとめ

必要なもの
■容器
(ザル・ボウル・タッパー)
土の代わりになるもの
(ハイドロボール・バーミキュライト)
■種子
■肥料

必須では無いが、使用しているもの
■珪酸塩白土
■LEDライト
■猫除けマット
■アルミシート

———————————-
=100円ショップで購入可能
=ネット通販等で購入可能

 

栽培方法 まとめ
■ボウルにザルをセット
■ザルにハイドロボールを入れる
■水をハイドロボールが浸かるくらいまで入れる
■種を「ばらまき」する
■発芽
■水 → 液体肥料に変更(葉っぱが成長し、根っこが生えてきたら)
■間引き(密集している葉っぱを根っこごと引っこ抜く)
■収穫(内側の葉っぱを残し、外側の葉っぱだけを切って収穫)
注意点 まとめ
ハイドロボールを初めて使用するときは、何回か水洗いします。
■外側の葉っぱをはさみで切って収穫します。
■葉っぱの
中心部分を切ると、成長に影響が出るため、中心部分は残します。
間引きした苗は他の容器に植え替えて育てることもできます。

 

 

今回は

水耕栽培で使用している道具と、

初心者でも簡単にできる栽培方法

についての記事でした。

 

ズボラさんでも楽しめる家庭菜園

参考になれば嬉しいです。

 

共有の喜びと、心からの感謝を込めて、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました