長ネギ(分けつ)のプランター栽培!土を入れ替えてループ栽培

長ネギ

長ネギ(分けつ)のループ栽培!
昨年植え付けた長ネギを植え替えてループ栽培♪

栽培の目安

植物名 長ネギ(春まき)
科目 ヒガンバナ科
苗植え付け月 3~4月
収穫月 12~3月
手間 ★★☆
難易度 ★☆☆
難易度理由 育てやすい
プランターサイズ 深さ30cm以上


※難易度は、くらこま独自の判断です
★★★は、手間がかかる、難易度高い
☆☆☆は、手間がかからない、育てやすい

こんにちは、

ズボラさんでも楽しめる

家庭菜園ブログのくらこまです!

 

 

この記事では、

昨年植え付けた長ネギ(分けつ)の植え替え作業をご紹介します。

失敗した出来事も正直にアップしますので、

それも含め、

ゆるく楽しくお読みいただけたら幸いです。

 

分けつ(ぶんけつ)長ネギの苗を植え付け

前回 2023年 3月
分けつ(ぶんけつ)長ネギの苗を植え付けました。

分けつ(ぶんけつ)長ネギは、
苗の根元から新しい芽が生えてきて苗の本数が増えます。
その増えた株を株分けして植え替えると更に分けつして株が増えてくれます。

今回 2024年 3月 増えた株を植え替える作業をしましたので、ご紹介します。

 

前回の詳細は、こちらをご覧ください。

長ネギのプランター栽培!長ネギ(分けつ)は、ループ栽培が可能
プランターで長ネギ(分けつ)栽培始めました。株が増える分けつネギを育ててループ栽培します。

 

 

苗ごと収穫すると栽培は終わってしまいますが、
緑の葉っぱの部分のみを切って収穫すると、また葉っぱが生えてきてくれます。

太く成長した長ネギは、根っこごと引っこ抜いて収穫しますが、
成長途中の細い長ネギは、葉っぱの部分のみを切って収穫を楽しみました。


成長すると分決して増えてくれます。

 

 

土の入れ替え

ずっと同じプランターに植えっぱなしだと
成長に影響が出ててきてしまうので、植え替えます。

プランターは、今長ネギを育てているプランターをそのまま使いたいので、中の土を入れ替えます。

 

プランターから長ネギを取り出す

プランターの長ネギを全て取り出しました。

無理やり引っこ抜くと途中で折れたり切れたりしてしまうので、土をスコップで耕しながら優しく取り出しました。


 

植え替えるのは、細い長ネギのみです。
太くて大きく成長した長ネギは、食べてしまいます。

土を入れる

プランターに土を10cmくらい入れます。

土は、今まで長ネギを育てていた土は、使用しません。
培養土を使用します。
今回は、他の野菜を育てていた土に改良材を混ぜて使いました。
今まで長ネギを育てていた土は、根っこを取り除き、土の改良材を混ぜて
他の野菜を育てるときに使用します。

 

穴をあける

植え付ける長ネギの数だけ穴をあけます。


 

 

苗を植え付け

根っこの部分のみを浅く植えます。
苗が倒れてしまうのを固定するためなので、
立てかけるだけでもOKです。

細い苗は、2本をくっつけて植えます。

根っこが長いときは、切ります。

分けつして、くっついたままの長ネギは、取り外して植えます。

分けずらいときは、そのまま植えます。

 

 

土を入れる

長ネギの白い部分が埋まるまで土を入れます。

緑の部分まで土がかかると成長に影響するので、緑の部分まで土がかからないようにしてください。

 

長ネギが余っていたので、真ん中にも植えました。

 

乾燥防止対策

乾燥防止に土の上にウッドチップを置きました。

失敗!
増し土することを忘れていました。
ウッドチップを置くと、土寄せのときに取るのが大変なのでおすすめしません。

土寄せとは
株元に土を寄せて長ネギの白い部分を増やす作業です。

 

植え替え方法 まとめ
昨年から育てている長ネギ(分けつ)は、プランターの土を入れ替えて
小さい長ネギだけを植え付けました。
■プランターから長ネギを取り出します
■土を10cmくらいまで入れます(今まで長ネギを育てていた土は使用しません)
■土に
穴をあけます
■穴に
苗を植え付けます
■長ネギの白い部分が隠れるくらい土を入れます
■大きい長ネギは、傷みやすいので植え付けません。
緑の葉っぱを切って収穫すると、また葉っぱが生えてきます。
白い部分が成長したら、土寄せします。
成長すると分けつして苗が増えてきます。

葉っぱを収穫しながら、
株が増えるのを楽しみにのんびり育てていきます。

 

 

今回は昨年植え付けた長ネギ(分けつ)の植え替え作業についての記事でした。

自分で育てたものを食べると、より一層美味しく感じますよね。

さらに、その成長過程にも癒されます。

ズボラさんでも楽しめる家庭菜園

参考になれば嬉しいです。

 

共有の喜びと、心からの感謝を込めて、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました