大根のプランター栽培!種まき時期は年2回!春大根の種まき~収穫まで!

大根

大根の種まき時期は、春と秋です。
春に種をまく「春大根」のプランター栽培です。

大根は栄養豊富

大根には、ビタミンC、食物繊維、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

注目したいのは、大根の葉っぱです。

捨てられがちな大根の葉っぱですが、栄養価が高く、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、鉄分などが豊富です。

大根を育てると、葉っぱが大きく成長してくれるので、積極的に料理に取り入れたいです。

 

春大根

ダイソーで2個100円の種を購入しました。
種袋の裏側の情報です。
■生育早く、つくりやすく家庭菜園でも手軽に楽しめます。
■種まき後、約60日くらいで、根長30~35cm前後になった頃より収穫します。
■肉質はち密で甘味あり、おろしや煮食として美味です。
■歯切れもよく、漬物にも好適です。
種袋の裏には、たくさんの情報が入っています。
とくに発芽適温、株間、発芽日数、まきどき、収穫時期等は、参考になります。
発芽適温:15~30℃
株間:30cm(畑で栽培時)
発芽日数:約5日

 

種まき

2023年3月12日 以下の手順で、プランターに春大根の種をまきました。

■鉢底石を入れる
■土を入れる
■水をまく
■種まき

大根を育てるプランターは、深さが30cm以上あるプランターを使用します。

 

鉢底石を入れる

プランターに鉢底石をいれます。

鉢底石は、ネットに入れておくと後でラクです。

私はいつも台所の三角コーナー用ネットに入れ、輪ゴムで止めています。

土を入れる

鉢底石の上に野菜用培養土を入れます。

土を入れる目安は、プランターの上部から3cmくらい下の位置までです。

この3cmは、ウォータースペースといい、プランターに水を与えるとき、プランターぎりぎりまで土が入っていると、土とともに水があふれてしまうため、必要なスペースとなります。

土は、プランター上部ぎりぎりまでは入れません。

水をまく

土を水で湿らせます。

プランター底から水が流れるまで、たっぷり水やりします。

種まき

12cmくらいの間隔をあけて、深さ1cmくらいのまき穴をつくります。

まき穴は、ペットボトルのふたを使用するとラクです。

大根の葉っぱは、横に広がって成長します。

奥行が約33cmくらいのプランターでは、まき穴とまき穴の間隔は、12cmくらいあけて、3か所くらいにまき穴をあけるのが丁度よいです。

 

 

今回は、間隔を狭くまき穴を開けました。

収穫しながら育てて、最終的に3株を育てます。

1つのまき穴に3~4粒の種をまきます。

種の上に1cmくらい土をかけます。

土をかけたあと、手で軽く土をおさえ、土と種を密着させます。

種が流れないように優しく水やりします。

種まき前に土を湿らせているので、軽く濡らす程度です。

 

発芽

2023年3月17日 種まきから5日後、発芽しました。

2023年3月23日 種まきから約10日後です。

2023年3月31日 種まきから約20日後です。

順調・・・と言いたいところですが・・・

 

片寄って発芽しています。

少し様子を見てみます。

たっぷりと水やりもしておきます。

大根は、葉っぱの成長が早いので育てていて楽しいです。

 

1回目の間引き

2023年4月9日 種まきから28日後です。

葉っぱが大きく成長してくれています。

でもやはりプランターの半分のスペースは発芽しませんでした。

1回目の間引きをしました。

といっても

全体的に発芽率が悪く、込み合っている苗が少なかったので、間引きしたのは3株です。

液体肥料を与えました。

防虫ネットをして育てます。

プランターに支柱をたてて、その上から防虫ネットをかぶせました。

 

 

失敗

間引きした苗を、ダメ元で、プランターの発芽しなかったスペースに植え付けてみました。

3日後には、苗がしおれてしまいました。

大根は、一度引っこ抜いた苗を、他の場所に植え付けて育てるのは避けた方が良さそうです。
  

2回目の間引き

2023年4月16日 種まきから約1か月後、プランターいっぱいに葉っぱが成長し、小さな大根が顔を出し始めました。 

葉っぱが込み合っているところを全て間引きしました。

間引きした大根たちです。


 

間引き後、土寄せして液体肥料を与えました。

 

 

収穫

2023年5月3日 種まきから52日後です。

収穫時期には少し早いですが、収穫しました。

大根の根より葉っぱにボリュームがあります。
  

大根の幅は、全体的に約3cmくらいでした。

 

 

春大根は、辛味が強かったです。

大根おろし+しらすで食べました。からい。お酒のつまみに合う辛さでした。

大根の浅漬けを作りました。

辛みのある浅漬け。辛いのが好きなので美味しかったです。

大根の葉っぱは、その他にもみそ汁、炒め物、グラタンにも使えるので万能です。

タイトルとURLをコピーしました