ルッコラ☆水耕栽培だからできる節約術

ルッコラ

こんにちは、

ズボラさんでも楽しめる

家庭菜園ブログのくらこまです!

この記事では、

少量でも存在感のあるルッコラの水耕栽培

種まき~収穫までをご紹介します。

ゆるく楽しくお読みいただけたら幸いです。

栽培の目安

植物名 ルッコラ
科目 アブラナ科
手間 ★★☆
難易度 ★☆☆
難易度理由 屋外では、虫食い注意だが、水耕栽培では育てやすい

——————————————-
★が多い=手間かかる、難易度高い
☆が多い=手間少ない、育てやすい
※くらこま独自の判断です

用意するもの

必要なもの
■容器
(ザル・ボウル・タッパー)
土の代わりになるもの
(ハイドロボール・バーミキュライト)
■種子
■肥料 

必須では無いが、役立つもの
■珪酸塩白土
■LEDライト
■猫除けマット
■アルミシート

———————————-
=100円ショップで購入可能
=ネット通販等で購入可能

水耕栽培に必要なものをまとめました。
良かったらこちらをご覧ください。

水耕栽培に必要なもの☆100円ショップで揃うアイテムと揃わないアイテム
水耕栽培に必要なもの、あると良いものをまとめました。

 

ルッコラ

アブラナ科
細長い形をした葉っぱと、少しピリッとした辛味があるのが特徴です。
香りが良く、ピザやサラダのトッピングとして数枚加えるだけで、美味しさが増します。

ビタミンC、ビタミンE、やカルシウム、鉄分など、
体に必要な成分がたくさん含まれています。

種まき

容器にハイドロボールを入れ、種をばらまきしました。
種まき方法と液体肥料への変更方法は、共通です。

LEDライトが近すぎると、葉っぱが赤くなってしまいます。
少し離れたところに置いて育てます。

水 → 液体肥料に変更

種まきから3日後 発芽しました。

長い根っこが生えてきたら、水 → 液体肥料に変更します。

 

 

他の葉物野菜に比べ、水が汚れやすいです。

いつもは、根腐れ防止に珪酸塩白土を入れていますが、ルッコラの水耕栽培では、珪酸塩白土は入れません。

水が濁ってきたら、ボウルの中に入っている液体肥料を捨て、ボウルをきれいに洗ってから新しい液体肥料を入れ直します。

 

間引き

葉っぱが成長し、密集してきたら間引きをします。

まだ葉っぱが小さいときの間引きは、密集しているところを根っこごと引っこ抜きます。

 

収穫

葉っぱが大きく成長し、ルッコラの葉っぱの形になってきたら、中心の葉っぱだけ残し、外側の葉っぱをハサミで切って収穫します。

中心部分を切ると成長に影響が出るので、枝分かれしている部分を切って収穫します。

 

節約につながる

ルッコラは、少しだけ使いたいときが多いです。

でも、買うと結構たくさん入っているので、一度に使い切るのはむずかしい。

余らせて、傷んでしまうこともあります。

 

水耕栽培なら欲しい時に、欲しい分だけ収穫できます。

いつでも新鮮。

はさみで切って収穫するだけなので手間いらず。

余らせて、傷んでしまうこともないので、節約にもつながります。

 

ルッコラ 水耕栽培方法 まとめ
■水耕栽培用の(ザル + 容器)にハイドロボールを入れます。
■ハイドロボールの高さより少し低いくらいの位置まで水を入れます。
■ふりかけをかけるように種をばらまきします。
■発芽するまでは乾燥防止にラップをふんわりかけておきます。
■葉っぱが少し成長し、根っこがザルからはみ出してきたら、水 → 液体肥料に変更します。
■葉っぱが小さいときは、密集している苗を根っこごと引っこ抜いて間引きます。
■葉っぱが大きく成長してきたら、葉っぱの外側から切って収穫します。
■内側の葉っぱを切ってしまうと、成長に影響が出てしまうので、内側は切りません。
ルッコラ 注意点 まとめ
■LEDライトが近すぎると、葉っぱが赤くなります。
■水が汚れやすいです。
■水が濁ってきたら、ボウルの中に入っている液体肥料を捨て、ボウルをきれいに洗ってから新しい液体肥料を入れ直します。

 

今回はルッコラの水耕栽培についての記事でした。

自分で育てたものを食べると、より一層美味しく感じますよね。

さらに、その成長過程にも癒されます。

ズボラさんでも楽しめる家庭菜園

参考になれば嬉しいです。

 

共有の喜びと、心からの感謝を込めて、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました