しいたけ栽培セット☆ポイントを押えれば、室内で簡単にシイタケを育てて収穫まで

しいたけ栽培
しいたけ栽培セットを使ってシイタケを育てました。
大切なのは温度と湿度。
昼夜の温度差が大きいほどシイタケが発生しやすくなります。

思っていたより簡単に育てることができ、収穫を楽しめました。

しいたけ栽培セット

2023年12月 しいたけ栽培セットを購入しました。
栽培セットは箱に入っています。
箱の外には、栽培方法が書かれているので、購入前から栽培イメージができます。

 

用意するもの

用意するもの
・しいたけ栽培セット(セット内容は、以下画像をご覧ください)
・冷水
・菌床を冷水に浸水用のバケツまたはビニール袋(付属のビニール袋を使用してもOK)
・輪ゴム(ビニール袋に浸水時に使用。バケツに浸水する場合は不要。)
・霧吹き
・菌床を置くトレー(無くてもOK)

しいたけ栽培セットの中身

しいたけ栽培セットの箱には、以下画像4点が入っていました。

 

栽培のてびき

栽培手順が、写真付きで分かりやすく書かれていました。

裏面には、Q&Aも記載されているので、不明点を確認できます。

 

栽培手順

シイタケの菌床ブロックをとりだす

菌床ブロックは袋の中に入っています。

袋から菌床ブロック取り出します。
茶色の汁が飛び散る可能性があるので、注意してください。
すでにシイタケが育っていました。

 

発生してしまっているキノコは取り除く

しいたけ栽培セットQ&Aに「発生してしまっているキノコは取り除く」と書いてあったので、全て取り除きました。

簡単に手で取り除けました。

もしカビが付着していたら、カビも取り除きます。

 

菌床を水洗い

菌床を水洗いし、発生しているシイタケをすべて取り除きました。

 

冷たい水に浸す(約10時間)

バケツにビニール袋をセットし、菌床を冷水に浸水させました。

栽培手順には、「適当な容器が無い場合は、付属のポリ袋と輪ゴムを使用してください。」と書いてありましたが、家にあった大きめのスーパーの手提げビニール袋を使いました。

冷水は、ペットボトルに水道水を入れ、冷蔵庫で冷やした水を使用しました。

氷を入れて冷やした水を使用するのも良いと思います。

菌床は、軽いので水に浮きます。

菌床全体に冷水が浸るようにビニール袋を輪ゴムでとめました。

菌床は水に浮くので上の方が、きちんと水に浸かりません。

対策として、洗面器を上に置き、重りの代わりに洗面器に水を入れ、袋の中で水に浮く菌床をおさえました。

約10時間浸水させます。

 

冷水から取り出し、受け皿にのせる

冷水に浸水させて約10時間たったら、菌床を取り出し、付属の受け皿にのせます。

ポリ袋をかぶせる

付属のポリ袋を逆さにして、菌床の上からふんわりかけます。

ポリ袋は、開口を何回か折り返すとふんわりかけられます。

 

湿度と温度

大切なのは温度と湿度
保湿対策として、霧吹きに水を入れ、毎日朝晩2回、菌床に吹きかけました。
栽培適温は、昼間は15~20℃、夜間は5~15℃です。
昼間はリビングの暖かい場所、夜間は玄関の寒い場所に置いて育てました。
昼夜の温度差が大きいほどシイタケが発生しやすくなる

 

収穫

栽培開始から1週間後です。
小さいシイタケができてきました。

 

栽培開始から1週間後です。

小さいシイタケは残し、大きくなったシイタケだけ収穫します。

引き続き霧降きしながら育てると、少量ずつで3回くらい収穫できました。

 

2回目の栽培

菌床を1~2週間くらい休ませる

シイタケが生えてこなくなったら菌床を1~2週間くらい休ませます。

その間も、毎日朝晩2回、菌床に霧吹きし、ポリ袋をかぶせておきます。

1週間たったら、1回目と同じ最初の作業をします。

水洗い → 冷水に10時間浸す → 受け皿にのせる →  上からポリ袋をふんわりかける →菌床に霧吹き

1回目よりは少量ですが、再び収穫が楽しめました。

 

 

3回目の栽培 / シイタケが生えてこないとき

2回目の栽培が終わり、3回目の栽培にも挑戦しました。

栽培方法は、2回目の栽培方法と同じです。

しかし、1週間たってもシイタケは生えてきませんでした。

 

 

冷蔵庫を利用した浸水

しいたけ栽培セットQ&Aで確認したら「冷蔵庫で一晩冷やすと、発芽しやすくなります(冷蔵庫を利用した浸水)」と書いてありました。

まずは菌床が入る大きさの入れ物を用意します。

冷蔵庫に入れるので、バケツ以外の入れ物を探したら、丁度よい大きさの鍋を発見しました。

菌床を入れるビニール袋を鍋に設定し、水で洗った菌床を入れました。 

菌床が全部浸かるくらい水を入れ、ビニール袋を輪ゴムでとめます。

菌床は、水に浮くので重り代わりに皿をのせて、冷蔵庫に10時間入れておきます。

10時間たったら冷蔵庫から取り出し、受け皿にセットして付属のポリ袋を逆さにして、菌床の上からふんわりかけます。
 

 

やや乾燥気味の時間を1日の中に取り入れる

しいたけ栽培セットQ&Aに「やや乾燥気味の時間を一日の中に取り入れると、キノコの質も収量も上がります。」と書いてあったので霧吹は、夜1回だけに変更しました。

温度は、今まで通り昼間は15~20℃、夜間は5~15℃を厳守し、昼間はリビングの暖かい場所、夜間は玄関の寒い場所に置いて育てました。

 

 

ビニール袋が曇っていればシイタケは生きています

1週間たちましたが、シイタケは生えてきません。

しかし、シイタケの上からかぶせているビニール袋が曇っていれば、シイタケが生きている証拠です。

もう少し様子をみます。

 

3回目の栽培開始から16日後 大きく成長してくれました。

 

 

 

まとめ

シイタケは、しいたけ栽培セットで思っていたより簡単に育てることができました。

栽培開始時
・菌床を袋から取り出した際に、すでに発生しているシイタケは取り除きます。
・カビが生えている場合は、菌床が壊れない程度に洗い流します。
栽培適温
・昼間は15~20℃
・夜間は5~15℃
昼夜の温度差が大きいほどシイタケが発生しやすくなります。
毎日の作業
・1日1~2回菌床に霧吹きします。
・菌床に付属のポリ袋をふんわりかぶせておきます。

12月中旬頃に栽培を開始し、2回目の栽培まで楽しむことができました。
3回目の栽培では、収穫できたシイタケは2つのみでした。

収穫量は、栽培時期や昼と夜の温度差、育てる環境によって違ってくるので、
育て方によっては、もっと収穫を楽しめると思います。

タイトルとURLをコピーしました