玉ねぎと紫玉ねぎのプランター栽培!植え付け~収穫まで

玉ねぎ

玉ねぎと紫玉ねぎのプランター栽培です。

料理には欠かせない玉ねぎと
加えると豪華に見える紫玉ねぎは
プランターで育てることができます。

栽培の目安

植物名 玉ねぎ(秋まき)
科目 ヒガンバナ科
苗植え付け月 10~11月
植え付け方法 株間は10cm間隔で植える
収穫月 5~6月
追肥のタイミング 1月、2月、3月の中旬~下旬
手間 ★☆☆
難易度 ★★☆
注意点 浅く根が張る。乾燥に弱いので水切れに注意する。
難易度理由 大きく育てるのは難しいが、小さめであれば育てやすい。栽培期間長い。
プランターサイズ 深さ15~20cm程度

※難易度は、くらこま独自の判断です
★★★は、手間がかかる、難易度高い
☆☆☆は、手間がかからない、育てやすい

 

こんにちは、

ズボラさんでも楽しめる

家庭菜園ブログのくらこまです!

 

 

この記事では、

玉ねぎと紫玉ねぎのプランター栽培をご紹介します。

植え付け~収穫、保存方法まで。

ゆるく楽しくお読みいただけたら幸いです。

 

植え付け前の準備

■鉢底石を入れる
■土を入れる
■水をまく

植え付け手順は、大根のときと同じです。
こちらをご覧ください。

大根のプランター栽培!種まき時期は年2回!春大根の種まき~収穫まで!
大根のプランター栽培です。春大根を育てました。育てた大根を葉っぱも美味しく食べます。

 

苗を植え付ける

2022年10月に、玉ねぎと紫玉ねぎの苗を植え付けました。

苗を選ぶときは、鉛筆くらいの太さが良いです。(約6~7mm)

苗を入れるための穴をあけます。割りばしを使用すると便利です。

その穴に、玉ねぎと紫玉ねぎの苗の白い部分を、それぞれ植え付けました。

紫玉ねぎも植え付け時の苗は、根っこ付近は白色でした。

見た目は変わりません。

同じタイミングで植え付けるときは、注意しながら植え付けないと、どっちが玉ねぎだか紫玉ねぎだか分からなくなってしまいます。

乾燥に弱いのでマルチシートを使用します。


プランター栽培では、マルチシートの代わりにウッドチップを敷きました。

 

追肥のタイミング

追肥は3回です。
■1月の中旬~下旬
■2月の中旬~下旬
■3月の中旬~下旬

 

成長記録

 

玉ねぎ

苗を植え付けて2023年3月からの成長記録です。

2023年3月11日 まだまだ寒い時期です。

玉ねぎの苗ですが、見た目は小ねぎのようです。

2023年3月18日 見た目は変わりはないようです。

2023年3月25日 葉が少し太くなったような気がします。

2023年4月2日 風が強い日が続いていたので、
葉っぱが横になってしまいました。

2023年4月9日 小さな玉ねぎの形ができてきました。

2023年4月11日 風が強かったので葉っぱが横になってしまいました。
玉ねぎは少しずつ成長しています。

 

紫玉ねぎ

紫玉ねぎは、一般的な玉ねぎの見た目とは異なる紫色の玉ねぎです。
この色は、アントシアニンと呼ばれる抗酸化物質によってもたらされます。
たくさんの栄養素を含んでいて、抗酸化作用や炎症を抑制する効果もあるそうです。
一般的な玉ねぎも優秀で、万能な野菜ですが、紫玉ねぎも、見た目の美味しさと健康効果もあって、とても魅力のある野菜です。

 

収穫

玉ねぎは、葉が倒れてから約7日~10日後が収穫のタイミングです。

だいたい6月頃が収穫時期です。

 

葉っぱが倒れてから1週間後くらいに収穫しました。

収穫日と、収穫2~3日前が晴れている日を狙って収穫しました。

小さいですが、たくさん収穫できました。

 

保存方法

収穫後1~2日くらい、そのまま置いて天日干しさせます。

収穫した玉ねぎを保存します。

玉ねぎの根っこを切ります。
3つ1組で玉ねぎの葉っぱを三つ編みしました。

三つ編みせずに、15cmくらいの長さで葉っぱを切って、ひもでまとめてもOKです。

風通しが良く、直射日光と雨の当たらない場所に吊るします。

玉ねぎは、湿度に弱いので、乾燥させて保存します。

 

玉ねぎ植え付け まとめ
■深さ15~20cmのプランターに鉢底石を敷きます。
■その上に培養土を入れます。
■土を湿らせるために、水をたっぷりまきます。

苗を入れるための穴をあけます。割りばしを使用すると便利です。
その穴に、玉ねぎと紫玉ねぎの苗の白い部分をそれぞれ植え付けます。
■紫玉ねぎも根っこ付近は白色なので、注意しながら植え付けないと、どっちが玉ねぎだか紫玉ねぎだか分からなくなってしまいます。
■乾燥に弱いのでマルチシートや、ウッドチップを敷きます。
追肥のタイミングは、1月、2月、3月の中旬~下旬です。
■葉が倒れてから約7日~10日後が収穫のタイミングです。

 

保存方法 まとめ
収穫後1~2日くらい、そのまま置いて天日干しさせます。
玉ねぎの根っこを切ります。
■今回は、3つ1組で玉ねぎの葉っぱを三つ編みしましたが、三つ編みせずに、15cmくらいの長さで葉っぱを切って、ひもでまとめてもOKです。
■風通しが良く、直射日光と雨の当たらない場所に吊るします。
■玉ねぎは、湿度に弱いので、乾燥させて保存します。

 

注意点 まとめ
■浅く根が張るため、乾燥しやすいです。
■水切れに注意してください。
苗を選ぶときは、鉛筆くらいの太さが良いです。(約6~7mm)
■玉ねぎは、栽培期間が長いです。

 

今回は玉ねぎと紫玉ねぎのプランター栽培についての記事でした。

自分で育てたものを食べると、より一層美味しく感じますよね。

さらに、その成長過程にも癒されます。

ズボラさんでも楽しめる家庭菜園

参考になれば嬉しいです。

 

共有の喜びと、心からの感謝を込めて、

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました